ヨガスタジオ、ヨガレッスン探しのためのWebサイト Yoga Piece -ヨガピース-

第1条(規約の適用)

1, Yoga Piece利用規約(以下、「本規約」といいます。)は、Webを使用したヨガスタジオ検索サービスであるYoga Piece(以下、「本サービス」といいます。)の利用に対して適用されます。

2, 本サービスでスタジオ登録する者(以下、「ユーザー」といいます。)に対して発する第3条所定の通知は本規約の一部を構成するものとします。


第2条(規約等の変更)

1, 本サービスの管理者(以下、「管理者」といいます。)はユーザーの了解を得ることなくこの規約を変更することがあります。この場合に、本サービスの利用条件は、変更後の本規約によるものとします。

2, 管理者は本サービスの内容を自由に変更できるものとします。


第3条(本サービスからの通知)

1, 管理者は本サービスのWebサイト上での掲示や電子メールの送付、その他適当と判断する方法により、ユーザーに対し、随時必要な事項を通知します。

2, 前項の通知は、当該通知を本サービスのWebサイト上又は電子メールで行った場合は、Webサイト上に掲示し、又は電子メールを発送した時点より効力を発するものとします。


第4条(登録)

1, ユーザーは、本規約を遵守することに同意し、かつ本サービスの定める一定の情報(以下「登録情報」といいます。)を本サービスの定める方法で本サービスに提供することにより、本サービスの登録を申請することができます。

2, 登録の申請は必ず本サービスを利用する個人又は法人自身が行わなければならず、原則として代理人による登録申請は認められません。また、ユーザーは、登録の申請にあたり、真実、正確かつ最新の情報を本サービスに提供しなければなりません。

3, 本サービスは、本サービスの基準に従って、ユーザーの登録の可否を判断し、登録を認める場合にはその旨をユーザーに通知し、この通知により登録は完了したものとします。

4, 本サービスは、第1項に基づき登録を申請した者が、以下の各号のいずれかの事由に該当する場合は、登録を拒否することがあります。

   (1)本規約に違反するおそれがあると管理者が判断した場合

   (2)本サービスに提供された登録情報の全部又は一部につき虚偽、誤記又は記載漏れがあった場合

   (3)過去に本サービスの利用の登録を取り消された者である場合

   (4)未成年者、成年被後見人、被保佐人又は被補助人のいずれかであり、法定代理人、後見人、保佐人又は補助人の同意等を得ていなかった場合

   (5)反社会的勢力等(暴力団、暴力団員、右翼団体、反社会的勢力、その他これに準ずる者を意味します。以下同じ。)である、又は資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持、運営若しくは経営に協力若しくは関与する等反社会的勢力等との何らかの交流若しくは関与を行っていると本サービスが判断した場合

   (6)その他、管理者が登録を適当でないと判断した場合


第5条(投稿等に関する責任)

各投稿等の内容は、各ユーザーの意思と責任の下に掲示されるものであり、管理者は、その内容の信頼性、真実性、正確性、妥当性、適法性、完全性、第三者の権利を侵害してないことその他一切の性質について何ら保証するものではありません。本サービスは、投稿等が本規約に抵触するか否かを積極的に監視する義務を負うものではありません。なお、投稿等を行う場合には、別途本サービスが定める手続に従って登録を行う必要があります。


第6条(禁止行為)

ユーザーは、本サービスを利用して、次の行為を行わないものとします。禁止行為を行った場合、又は禁止行為を行うおそれがあると本サービスが判断した場合、管理者はユーザーの掲載内容について送信防止措置(削除あるいは非表示)を講じることがあります。また、ユーザーの以後の利用を禁止する場合があります。管理者は、本条に基づき管理者が行った措置に基づきユーザーに生じた損害について一切の責任を負いません。

   (1)他人(法人も含みます。以下同じ。)の身体、生命、自由、名誉、財産等に対して害悪を加える旨の投稿等を掲載する行為

   (2)不倫・援助交際・売春・買春等の勧誘行為

   (3)他のユーザーに不快感を与える行為

   (4)一般に公開されている情報を除き、所有者の了解なく、電話番号、メールアドレス等の個人的な連絡先を掲載する行為

   (5)他人の名前その他の情報を不正利用した投稿等を掲載する行為

   (6)異性との出会いを目的とする一切の行為

   (7)未成年者の人格形成等に悪影響を与えるような投稿等を掲載する行為

   (8)ユーザーが使用するコンピュータ、通信機器等のハードウェア若しくはそれらにインストールされているソフトウェアに何らかの悪影響を生じさせ、又はユーザーに心理的な不快感を与えるようなコンピュータープログラムやファイルをアップロードしたり、それらのプログラムやファイルが記録されているサーバーにアクセスするURLを掲載し、又はかかるサーバーに対するリンクを貼る行為

   (9)他人の産業財産権(特許権、商標権等)、著作権、企業秘密等の知的財産権を侵害する行為

   (10)他人の信用若しくは名誉を侵害し、又は他人のプライバシー権、肖像権その他一切の権利を侵害する行為

   (11)自殺・自傷行為を肯定・勧誘あるいは助長する行為(自殺の方法等を掲載する行為を含みます

   (12)虐待を肯定・勧誘・助長する行為

   (13)虚偽又は誤解を招くような投稿等を掲載する行為

   (14)犯罪行為をすること又はこれを助長するような投稿等を掲載する行為

   (15)低俗で品位を欠く(例えば猥褻な)内容の投稿等を掲載する行為

   (16)本サービスの運営又は他のユーザーによる本サービスの利用を妨害し、若しくはそれらに支障をきたす行為

   (17)通常利用の範囲を超えてサーバーに負担をかける行為

   (18)無限連鎖講(ねずみ講)、マルチ商法、またはそれに類するもの、その恐れのあるものと管理者が判断する内容を掲載する行為

   (19)政治活動、宗教活動、またはそれに類するもの、その恐れのあるものと管理者が判断する内容を掲載する行為

   (20)公序良俗又は法令に反する行為

   (21)他人に対する誹謗中傷、脅迫、嫌がらせ、ストーカー等の行為

   (22)その他管理者が合理的な理由に基づき不適切と判断する行為


第7条(投稿等について)

1, ユーザーは、投稿等について、自らが投稿または送信することについての適法な権利を有していること、および投稿等が第三者の権利を侵害しないことについて、表明し、保証するものとします。

2, ユーザーは、管理者に対し、投稿等について、無償にて利用(複製、複写、改変、第三者への再許諾その他のあらゆる利用を含む)する権利を許諾するものとします。

3, 前項の利用許諾には、地域制限、著作権表示義務その他付随条件はないものとし、ユーザーの管理者に対する利用許諾の期間は投稿等の知的財産権が存続する限り継続するものとします。

4, ユーザーは、投稿等について、著作者人格権を行使しないものとします。

5, 管理者は、本サービス上で管理者が定める方法でユーザー自身が許可した場合を除き、本規約に基づき投稿等の利用を、ユーザー自身を除く、他のユーザーその他の第三者に許諾するものではなく、ユーザーは他のユーザー等の投稿等の権利を侵害する行為を行ってはならないものとします。また、ユーザーは投稿等をクロール等で自動的に収集、解析する行為も行ってはならないものとします。

6, ユーザーは、自らの投稿等を維持及び保護する責任を負うものとし、管理者は投稿等の維持及び保護について一切責任を負いません。管理者は投稿等の損失又は破壊、投稿等のバックアップ又は復元にかかわるコストもしくは費用については、一切責任を負いません。

7, 管理者は、投稿等についてのユーザーのプライバシーを尊重し、みだりに閲覧等を行うものではありません。ユーザーは、管理者が次に掲げる場合に対応するために投稿等を閲覧することに予め同意するものとしますが、管理者は、次に掲げる目的を達成するために必要な最小限の範囲でのみ投稿等を閲覧するものとします。また、第2号に該当する場合に限り、裁判所、警察などの公的機関に対して当該データを開示できるものとします。

   (1)本規約違反の有無を確認する必要があるとき

   (2)裁判所、警察などの公的機関から、法令に基づく正式な照会 を受けたとき

   (3)ユーザーが閲覧に同意したとき

   (4)本サービスの技術的不具合の解消その他本サービスを適切に運営するために必要が生じたとき

8, 管理者は、ユーザーが投稿等を利用したこと及び本条に基づき管理者が行った行為によりユーザーに生じた損害について一切の責任を負いません。


第8条(本サービス提供の中断)

管理者は、次のいずれかに該当する場合には、ユーザーに事前に通知することなく、本サービスの提供を一時的に中断することがあります。管理者は、本条に基づき管理者が行った措置に基づきユーザーに生じた損害について一切の責任を負いません。

   (1)本サービス用設備の保守又は工事のため、やむを得ない場合

   (2)本サービス用設備に障害が発生し、やむを得ない場合

   (3)登録電気通信事業者の提供する電気通信役務に起因して電気通信サービスの利用が不能になった場合

   (4)その他、運用上又は技術上、管理者が本サービスの一時的中断が必要と判断した場合


第9条(本サービスの終了)

1, 管理者は、相当の周知期間をもってユーザーに通知の上、ユーザーに対する本サービスの全部または一部を終了することができるものとします。

2, 前項の通知は、本サービスのWebサイト上での掲示及び本サービスが提供するメールサービスを利用するユーザーへの電子メールの送付によるものとし、その通知の効力は第3条の定めによります。

3, 管理者は第1項の方法によるユーザーに対する通知の後、本サービスを終了した場合には、ユーザーに対して本サービスは終了に伴い生じる損害、損失、その他の費用の賠償又は補償を免れるものとします。


第10条(個人情報の取り扱い)

管理者は、本サービスにおいてユーザーのプライバシーを尊重し、本サービスのプライバシーポリシーに従い、個人情報を取り扱うものとし、ユーザーは予めこれに同意するものとします。


第11条(損害賠償の請求)

ユーザーが本規約に反した行為又は不正若しくは違法に本サービスを利用することにより、管理者に損害を与えた場合、管理者は該当ユーザーに対して相応の損害賠償の請求(弁護士費用を含む)を行う場合があるものとします。


第12条(準拠法)

本規約に関する準拠法は日本法とします。


第13条(掲載料について)

1, ユーザーはスタジオ掲載料をPayPalを通して管理者に支払います。スタジオ情報登録前にPayPalで支払い登録をしない場合、管理者はユーザーの登録情報を削除することもできるものとします。

2, PayPalで支払いを行わず掲載を続けた場合、管理者はユーザーに2500円 x 掲載月数 x 2を請求できるものとします。

3, 掲載料は1スタジオ2500円です。複数スタジオがある場合は2500円 x (掲載する)スタジオ数となります。



2015年9月8日制定